ID

パスワード

会員登録

ID・PWをお忘れの方はこちら

はじめてのご利用はこちらをクリック 野球ギア.jp 野球チームモバイル
スマートフォン
トップ >> スコアブックは簡単さ! >> 基 本
スコアブックは簡単さ

○基 本
■試合前に記入すること
 スコアブック上段には以下に挙げる例のように日付・天候・対戦チーム・先発オーダー・審判名などを記入する箇所がありますので、試合が始まる前に記入しておきましょう。
■守備位置と番号
 スコアを記入する際には守備位置を番号で表します。
 例えば、サードゴロをファーストに送球した場合は「5-3」のように記入しますので、番号と位置の関係をしっかり覚えましょう。
守備位置
■マスの利用
 スコアブックのマスは4つに分けられていて、右下から反時計回りに1塁、2塁、3塁、本塁の順番になっています。中央のひし形の中には結果(アウトカウント、得点、残塁のいずれか)を記入します。
マスの利用
 アウトカウントはローマ数字で記入します。
 また、イニングが終了(3アウトチェンジ)したらマスの右下に斜線2本を記入しておくと便利です。前のイニングに誰で終わったか分かりやすくなりますので、イニングが終了したら必ず斜線を記入するようにしましょう。
1アウト 2アウト 3アウトチェンジ
 得点(自責点と区別する場合もあります)や残塁は以下のように記入します。
得点 自責点 残塁
■ボールカウント
 マスの左側にボールカウント欄があり、以下のような記号を使って順に記入していきます。
ボールカウント